>  > そのニーズはどこにあるのか

そのニーズはどこにあるのか

自分はマゾだと自覚しているので、とにかく徹底的に攻められたいって思ったんです。別に女の子をあれこれ言わせたいんじゃなく、むしろあれこれ言わせてもらいたいんですよ。そう思っていたんですけど、実際そのニーズを叶えてくれるような風俗はあるのか。そう思っていた自分にぴったりの風俗と出会えました。それが性感マッサージです。まだまだあまり風俗のことは詳しくなかったので、性感マッサージというジャンルそのものさえよく知りませんでしたけど、実際に性感マッサージを利用してみて思いました。これこそ理想かもしれないなと。女の子に何をするのかではなく、女の子が何をしてくれるのか。本当にそれだけの風俗だったんですよね。でもそれが良かったです。相手をしてくれたWちゃんは、あの手この手で自分のために頑張ってくれましたし、他の風俗ではなかなかお目にかかれないようなことまで楽しませてもらいました。前立腺プレイとか癖になりそうですよ。

久しぶりの感触でしたね

半年ぶりくらいになるんでしょうか。かなり久しぶりの風俗になってしまいました。自分としては出来れば最低でも月に一度くらいは風俗を楽しみたいと思っていますが、仕事がバタバタしてしまうとどうしても風俗を含めてプライベートの時間を削らざるを得ません。でもようやく時間に余裕が出てきたので風俗まで行ってきたんですけど、最高の感触を味わえたような気がしますね。特に相手をしてくれた巨乳のRちゃんのおかげです。あまりにも久しぶりだったので、何をしたいというよりも、ただただ巨乳の感触を味わいました。それだけでも自分にとって幸せな時間を満喫することが出来たんじゃないかなと思うんですよね。風俗を利用する時には基本的に前もっていろいろと考えるタイプなんですけど、その日はあまり前情報がなかったんです。利用したいって思った気持ちだけで利用してしまったんですけど、あれだけの巨乳を味わえたので何も思い残すことはありませんね(笑)

[ 2016-10-08 ]

カテゴリ: 風俗体験談